HOME > 学資保険を知る > 学資保険の必要性

学資保険の必要性

子供の教育費を貯蓄する意味で役に立つ学資保険ですが、本当にその家庭に必要なのかは個人では詳しくは分からないケースが多いようです。利率を考えてもそれ程有利ではない学資保険は、中には元金割れしてしまう場合もあるのです。万が一働き手が死亡してしまった時に死亡保障として下りる保障も付けられており、単なる貯蓄だけでは考えてはいけません。

貯蓄以外にも保障がある

学資保険の必要性は、単なる貯蓄として考えるのではなく、家計を支える働き手が万が一の事があった時の保障として考えておくと良いでしょう。父や母などが事故などで死亡した場合、その後の保険料の支払いが免除される保障が付けられています。また、子ども自身に怪我や病気があった時の保障もあるので、教育費+保障と考えるのが良いのです。

このページのトップに戻る